慢性子宮内膜炎の検査実施時期

慢性子宮内膜炎の検査実施時期

 

「慢性子宮内膜炎の検査実施時期」  津田沼IVFクリニック | tsudanuma-ivf-clinicのブログ (ameblo.jp)

 

慢性子宮内膜炎

形質細胞 CD138

 

 

慢性子宮内膜炎とは

 

原因

 

細菌など(大腸菌や腸球菌、クレブシエラ、ガードネレラ、連鎖球菌、ブドウ球菌、クラミジア、淋菌、ウレアプラズマ、マイコプラズマ属など)の感染による子宮内膜の慢性的な炎症です。感染経路は明らかとなっていません。通常は、無症状です。

これらの細菌等の感染や、子宮内の乳酸菌の割合が低くなると、不妊症や反復着床不全、反復流産を招くことになります。慢性子宮内膜炎が、これらの約10%にみられるという報告があります。

 

影響

 

体外受精成績(妊娠率↑、生産率↑、流産率↓)が低くなります。

 

 

子宮内膜は、月経で剝がれ落ちる「機能層」と、剝がれ落ちない「基底層」とからなります。

慢性子宮内膜炎では、子宮内膜基底層まで感染が及んでいますので、月経時に感染部位が剝がれ落ちずに慢性化します。

形質細胞は、正常では認めません。細菌などの存在が疑われます。

 

 

検査と診断

 

子宮内膜生検による病理学的検査により、子宮内膜間質部に形質細胞(免疫組織検査におけるCD138陽性細胞)が検出されます。不妊症では、形質細胞の個数による診断基準はありません。

 

形質細胞;正常では認めません。侵入した細菌やウイルスを攻撃する「抗体」を作り出す役割を持っています。

CD:cluster of differentiation 「分化抗原群」  番号によって似ている細胞の違いを見分けることができます。

 

 

慢性子宮内膜炎の免疫組織化学的および臨床病理学的特徴づけ
Immunohistochemistrical and Clinicopathological Characterization of Chronic Endometritis – Kitaya – 2011 – American Journal of Reproductive Immunology – Wiley Online Library

 

慢性子宮内膜炎は、調査したサンプルの11.1%に確認されました。

その発生は、増殖期と分泌期で同様でした。

合計23.1%の症例は無症状でした。

症候性慢性子宮内膜炎では、間質形質細胞の浸潤と形態学的な遅れが、無症候性よりも顕著でした。

慢性子宮内膜炎は婦人科の病理学的疾患として一般的であり、予想以上に無症状であることが多くあります。

また、その発生には月経周期に依存した変動は見られません。

 

 

子宮内膜炎における血清性ステロイド値と形質細胞浸潤の関係
The relation between serum sex steroid levels and plasma cell infiltrates in endometritis | SpringerLink

 

症状の発現は、主に周期の増殖期に起こりました。

血清黄体ホルモン値と形質細胞性子宮内膜炎の病理組織学的重症度との間に負の相関が認められました。

この結果は、ホルモンの状態が免疫反応および子宮内膜感染症に対する感受性に寄与していることを示唆しています。

 

 

異常出血または生殖不全を伴う閉経前女性における慢性子宮内膜炎の有病率および交絡因子について
Prevalence and confounders of chronic endometritis in premenopausal women with abnormal bleeding or reproductive failure (rbmojournal.com)

 

慢性子宮内膜炎の有病率に影響を与える重要な因子は、診断のために子宮内膜を採取した周期の段階でした。

慢性子宮内膜炎の有病率は、分泌期(17.5%)に比べ、増殖期(26%)で約50%高いことが判明しました。

その理由として、分泌期の子宮内膜は表層が厚いため、形質細胞(CD138+)は深層に存在する傾向があり、この時期の生検標本はより深く、よりコンパクトな層の割合が減少している可能性があると考えられます。

増殖期の慢性子宮内膜炎の有病率が明らかに高いことのもう一つの可能な説明は、慢性子宮内膜炎と異常出血の間の関連によるもので、後者は無排卵周期になりやすく、結果として子宮内膜に増殖性変化や時には過形成性変化が起こりやすくなるのかもしれません。

 

 

コメント

 

慢性子宮内膜炎の検査時期は「低温期」