生理学的ヒアルロン酸結合能による精子選別卵細胞質内精子注入法(PICSI)

  • HOME
  • 院長ブログ
  • 生理学的ヒアルロン酸結合能による精子選別卵細胞質内精子注入法(PICSI)

生理学的、ヒアルロン酸結合能による精子選別卵細胞質内精子注入法(PICSI

 

 

PICSIとは

 

顕微授精(intracytoplasmic sperm injection : ICSI)の際に、卵子に注入する精子は通常は、その形態や運動性の良好なものを選びます。しかし、そのような良好精子の中にも染色体異常のものがあり、正常な染色体の精子を選ぶには形態や運動性の評価だけでは不十分です。

自然妊娠や体外受精では、精子は透明帯に結合してから卵子に侵入します。透明帯に結合できる精子は、形態が正常な成熟精子です。ICSIでは透明帯に結合できるか否かの選別を行わないため、成熟精子以外の精子が注入されて、胚が発育しなかったり、流産の原因となっているかも知れません。

成熟精子はヒアルロン酸に結合でき、その精子は染色体異数性やDNA断片化の割合が低いとされるため、ICSIの際に従来の形態的評価と合わせ、この生理学的評価で精子を選ぶことがあります。

ヒアルロン酸で精子の選別をするICSIPhysiologic-ICSIPICSI)と言います。

 

 

PICSIの効果

 

流産率などの改善が報告されています。

 

 

不妊治療のためのPICSI
Physiological, hyaluronan-selected intracytoplasmic sperm injection for infertility treatment (HABSelect): a parallel, two-group, randomised trial – The Lancet

 

この多施設共同臨床試験において、PICSIは標準的な顕微授精と比較して、出産率を増加させず、臨床妊娠、早産のいずれにおいても群間差は認められませんでした。

PICSIは標準的な顕微授精と比較して、流産を有意に減少させることが観察されました。

 

 

PICSIが精子DNAの品質と流産リスクの低減につながることが明らかになりました
Digging deeper: sperm selection with hyaluronic acid now linked to sperm DNA quality and reduced risk of miscarriage (focusonreproduction.eu)

 

2019年のHABSelect試験のデータの分析により、ヒアルロン酸との結合に基づく顕微授精のための精子細胞の選択が、特に35歳以上の女性において、流産率の実際の低下と関連していたことが、このたび判明しました。

ヒアルロン酸に基づく顕微授精のための精子の選択は、今や高齢の女性患者の治療計画の一部と考えることができる、と著者らは言います。

 

 

PICSIは、高齢カップルの生児出生率を改善し、精子DNAの品質と関連し、すべての治療成績に影響を与える可能性があることがわかりました
Sperm selection with hyaluronic acid improved live birth outcomes among older couples and was connected to sperm DNA quality, potentially affecting all treatment outcomes | Human Reproduction | Oxford Academic

 

この試験の実験群に無作為に割り付けられた高齢の女性(ヒアルロン酸と結合した精子を選択)は、若い女性と同じ出産率を示しました。

これは、DNAに損傷を受けた精子をよりよく回避した結果であると考えられます。

 

 

 

 

「PICSI」  津田沼IVFクリニック | tsudanuma-ivf-clinicのブログ (ameblo.jp)