肥満と精液所見

肥満と精液所見

 

 

体格指数BMIと精液の質との関連性

Association between BMI and semen quality: an observational study of 3966 sperm donors | Human Reproduction | Oxford Academic (oup.com)

 

 

BMI異常と精液の質との関連性は?

 

体重過少は、精子濃度3.0%、総精子数6.7%、総運動精子数7.4%の減少と有意に関連していました。

体重過多は、精液量4.2%、総精子数3.9%、総運動精子数3.6%の減少と有意に関連していました。

 

 

体重過多は形態を除く精液所見に悪影響を及ぼします

High body mass index has a deleterious effect on semen parameters except morphology: results from a large cohort study – Fertility and Sterility (fertstert.org)

 

BMIが正常から高度肥満に上昇すると、精液量は3.3から2.7mLに減少しました。

精液濃度は56.4から39.4百万/mL、総精子数は171から92百万、前進運動率は36.9から34.7%に減少しました。

無精子症の割合は、1.9から9.1%に増加しました。

正常形態率は減少していませんでした。

 

 

精子数は食事による体重減少によって増加し、運動によって維持されます

Sperm count is increased by diet-induced weight loss and maintained by exercise or GLP-1 analogue treatment: a randomized controlled trial | Human Reproduction | Oxford Academic (oup.com)

 

ダイエットによる減量は精液所見を改善しますか、また、これらの改善の可能性は持続的な減量によって維持されますか?

男性は8週間の低カロリーダイエット中に平均16.5kg体重を減らし、精子濃度を1.49倍、精子数を1.41倍に増やしました。

これらの改善は、体重減少を維持した男性では52週間維持されましたが、体重が戻った男性では維持されませんでした。

精液量、精子運動率、運動精子数には変化がありませんでした。

 

 

 

「肥満と精液所見」  津田沼IVFクリニック | tsudanuma-ivf-clinicのブログ (ameblo.jp)