肥満と生殖:アメリカ生殖医学会の見解

肥満と生殖:アメリカ生殖医学会の見解
Obesity and reproduction: a committee opinion (asrm.org)

 

 

肥満は不妊症のリスクを高めますが、肥満のある女性や男性のほとんどは妊娠可能です。

 

女性の肥満は排卵機能障害、排卵誘発剤に対する卵巣反応性の低下、卵子および子宮内膜機能の変化、体外受精後の出生率低下と関連しています。

 

肥満のある女性は、妊娠中に母体および胎児の合併症を発症するリスクが高くなります。

 

肥満のある男性は生殖機能に障害を示すことがあります。

 

生活習慣の改善と薬物療法は、体重減少を促進する有効性が証明されています。

 

女性および男性における肥満手術は、減量のための生活習慣の改善および薬物療法に対する重要な補助手段ですが、女性における妊娠は術後1年間延期されるべきものです。

 

肥満の無排卵女性では、減量介入により、自然妊娠の可能性が向上します。

 

肥満の無排卵女性において、減量介入は排卵誘発に反応する排卵率を向上させます。しかし、それらは出産率を改善することは示されていません。

 

排卵のある肥満女性において、妊娠前の減量介入は、非生殖補助医療と体外受精のいずれにおいても、生児出産という結果を改善することは示されていません。

 

妊娠前の減量介入が母体および胎児の合併症に及ぼす影響は不明です。

 

利用可能な証拠に基づいて、不妊治療を提供するために社会全体のBMI閾値を採用するための医学的または倫理的指導はなく、むしろ、そのような政策に反対するかなりの証拠があります。

 

体外受精周期の前に、肥満の女性は、BMIや併存疾患などの要因を考慮し、麻酔下での卵子採取の安全性を決定するために、集学的チームと慎重に評価する必要があります。

 

 

 

 

「肥満と生殖:アメリカ生殖医学会の見解」  津田沼IVFクリニック | tsudanuma-ivf-clinicのブログ (ameblo.jp)